空間に喜びのバイブレーションを生む 画家 及川キーダ

絵と写真のコラボレーション『Mixed (ミクスト)』について教えてください。

“Mixed 2020” Toshi.OTA + Keeda Oikawa collaboration 
models: Janine ‘Megumi’ Hoefer (Germany + JAPAN), Arash Kahafi Zadeh (Iran + Russia + Iraq + JAPAN), Lina Kahafi Zadeh, Lilly Kahafi Zadeh & Lion Kahafi Zadeh (Germany + Iran + Russia + Iraq + JAPAN)

フォトグラファーの Toshi.OTA さんとの写真と絵のコラボレーション『Mixed』を始めて20年がたち、撮らせてもらったモデルさんも100人を超えました。ハーフやダブルと呼ばれる、色々な国の血が混じった人たちをモデルに、絵と写真、映像、音楽や語りを組み合わせたインスタレーションを様々な国で発表してきました。

企画を練り始めた当初、最初にタイトルが決まっていたんです。写真と絵のコラボレーションってことで『Mixed』にしよう、と。で、その時たまたま集まっていた仲間4人で「何を題材にしようかなあ、、」って話していたら、私と Toshi.OTA さん以外の二人はハーフだったんです。「Mixedっていうんだったら俺らでしょ!」ということで、被写体としても絵のモデルとしても面白いかも、ということになり、ハーフ、ダブル、ミックス、と呼ばれる混血の方をモデルにした作品作りが始まりました。

“Mixed 2020” Toshi.OTA + Keeda Oikawa collaboration 
model: Mia Kaneko (India+Japan) 

撮影やインタビューを始めてみると、ファッションモデル等の仕事している方も多数いて、モデルさんたちの美しさはもちろん、ミックスとして生まれ育ち、生きていくプロセスや家族のストーリーが深く、考えさせられ、魅せられていきました。

『Mixed』では日本人の血が入っている人たちに焦点を当てていますが、その環境は様々。お父さんが数カ国の血が混じっていたり、見た目は外国人だけど生まれも育ちも日本で、日本から出たこともなかったり。当たり前にたくさんのハーフとよばれる人種がいる今とくらべて、始めた当時はなかなか出会う事が少ない存在でした。 

“Le Pittoresque au Japon -ZEN relax” 
Toshi.OTA + Keeda Oikawa collaboration
Kimono : Katsumi Yumioka (ICHINOKURA)
Hair : Masami Ujita (VOLUME)
Model : Nancy Owalo (from KENYA)
Location : Kamakura 

ある撮影で。U.S.A.と日本のミクストの50代の男性は、「僕らは戦争が終わった後の平和の落とし子なんだ」と言っていたのが印象的でした。たしかに戦争が続き、国境が閉ざされていたら状況は違っていたかと想います。

ミクスト達って、血とか人種の混ざりだけじゃなく、それぞれの国の思想も混ざっている人が多いのも印象的でした。日本の文化も分かるし、両親それぞれの国の持つ考え方も理解できるし、誇りに思っている。

人って、なかなか色んな立ち位置で物事を考えられないもの。相手の立場になれないから、いがみ合ってしまう。それが大きくなれば戦争という形にも発展することも。
でも少し譲って、相手の立場を考えて「違う」ことや「自分たちにない良い部分」を理解し合えたら、共存できたり、いざこざが少ない世界になるんじゃないかな。ミクストに限らないかもしれないですけど。ミクストの人たちは生まれながらにそれを体現できてる存在なんですよね。

国境がなくなるのは簡単じゃないけど、でもみんな同じ人間じゃない?いろんな考えがあって然り。ミクストたちはそれを生まれながらに理解しようという姿勢があって、すごくポジティブに生きている。そういう姿勢は私自身の活動のコンセプトにもバスっと合っています。

誰かの才能に嫉妬することはありますか?

KURATA PEPPER mural painting 2019 (PhnomPenh, Cambodia)クラタペッパー 本店壁画(プノンペン・カンボジア)
mural painting: Keeda Oikawa

人の才能に嫉妬?うーん、わたしは、そういうのはあんまりないです。誰かの作品が素敵だなあと思ったら「今、あの人にしかできないものができたんだな、すばらしい。」と思ってる。
その時に視点を自分に向けるとするならば、嫉妬の様な負のエネルギーは乗せずに「自分だったらどうするかな」と考える。そうやって過ごしていると、意外に楽しいものが出来ちゃったり。

KURATA PEPPER mural painting 2019
Kurata Pepper 2 – Toul Tompong (PhnomPenh, Cambodia)クラタペッパー 2号店壁画(プノンペン・カンボジア)
mural painting: Keeda Oikawa

個人的な欲求を満たしたいという気持ちも薄いかもしれないです。自分だけ良くなるって限界があるし、全体が良くなれば私もいい場所に連れて行ってもらえると思うから。
幸せな人や不幸な人、富める人や貧窮している人、色々な事情で困っている人の間にある垣根が緩んで、どの人も生きやすい世界になったらいいなと思うし、その為にどうしたらいいかなって考えてる。

キーダさんにとって絵を書くこととは?

自分の身体も特技も、「借り物」だと思っているから、自然や壮大な存在からもらったものを表現して、見てくれる人に一瞬でも楽しさ、驚き、「こんな人生でも生きていけるんだ」なんて笑ってもらえたり、心が明るくなる様な絵が描けたら嬉しい。

KURATA PEPPER mural painting 2019 (PhnomPenh, Cambodia)クラタペッパー 本店壁画(プノンペン・カンボジア)
mural painting: Keeda Oikawa

そのために、毎日毎日、一瞬一瞬を特別にしたいんです。「うわー、すごいな!」っていう風景や情景、出会う人だとか、毎日が素晴らしくなるように。人生は一度きりだと思っているので、そうやって得たものをまた絵にして、自分から生み出していきたいと思っています。

画像をアップロード

及川キーダ

東京生まれ。東京芸術大学油画科卒業。平面作品を制作・発表する傍ら、ファッションや音楽等のテーマを中心にイラストレーションを雑誌、広告、各種媒体に掲載。
国内外での作品展示、スライド・プロジェクションや、ライヴペインティング、アーティストやファッションブランドなど、様々なジャンルのクリエーターとコラボレーションしている。

https://www.instagram.com/p/CFqlKv3jD6m/?igshid=ja7cyrpcca0b